Top ] [ BBS

Archive: ワイン

blog Top

Costa Blu Sicilia

2004.11.01 23:53 CST



Costa Blu Sicilia
コスタ・ブル シチリア

種別 : 赤
生産地 : イタリア シチリア島
生産者 : ー
葡萄品種 : ネロ・ダヴォラ
値段 : ¥980
評価 : ★★★☆


シチリアの IGT もの。いかにもシチリアという感じの港をイメージしたカラフルなエチケットに惹かれて購入。飲むだけじゃなくて見ても楽しめるワインってのもなかなかよろしいわけで。
色はちょっと薄目の赤紫。香りは弱めだが若草っぽいフレッシュな感じが好印象。飲んでみると渋さはほとんどないかわりに酸味がやたら突出した妙なバランスで、最初は「これは失敗か」と思ったが、時間が経つにつれて酸味がやや後退し、かわりにベリー系の甘みが出てくるように変化。全体としてすっぱ甘とでもいうか、ちょっと不思議な感じの味のワイン。ネロ・ダヴォラはシチリアの代表的なぶどう品種らしいけど、こういう少し癖のある風味が特徴なんだろうか。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Torres Sangre de Toro 2002

2004.10.18 23:59 CST



Torres Sangre de Toro 2002
トーレス サングレ・デ・トロ 2002

種別 : 赤
生産地 : スペイン カタルニア
生産者 : トーレス社
葡萄品種 : ガルナーチャ、カリニャン
値段 : ¥1,000
評価 : ★★★


スペインの超大手生産者ミゲール・トーレスの赤。トーレスのワインって酒屋で見かける機会はたまにあったけど、飲むのはこれが初挑戦。色はかなり濃く、黒に近い赤紫。香りも抜栓後はそれほどボリュームがなかったが、時間が経つにつれてフルーティーに開いてきてなかなか期待させる。だが味は少し青臭いというか、渋みがやたら強い。これの前に飲んだオーストラリアものがスカスカ系だったから余計にそう感じるのかもしれないが、なんだか酸味とのバランスが若干悪いような感じがする。ちょっと置いておいたら丸みが少し出てきたような気もするけど、それでも色と香りから期待させるほどの味ではなかった。悪くはないが、デイリーにはちょっと、という位置づけですかね。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Banrock Station 2002

2004.10.16 23:59 CST



Banrock Station 2002
バンロック・ステーション 2002

種別 : 赤
生産地 : オーストラリア リヴァーランド
生産者 : バンロック・ステーション
葡萄品種 : シラーズ、カベルネ・ソービニヨン
値段 : ¥500
評価 : ★★


激安ワインシリーズの第二弾はオーストラリア南東部産。色は一般的な豪州産のシラーズものより薄めだが、それなりに濃い。香りはこの値段帯によくあるように甘めの香りが強くて、シラーズやカベルネというよりガメイみたいな香り。ただ樽香も適度にあってボリュームはある。ただ味がちょっと厳しい。渋みが弱いぶんなのか重みが全然なくて、ただひたすら甘酸っぽいだけという印象。軽いからカパカパ飲めるのはいいけど、味の変化も何もないのですぐに飽きてしまう。まあ値段から考えればこんなもんかという気もするが、次も飲むかと聞かれれば、もう結構でございますと即答するでしょうなあ。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Chianti Le Piazze 2002

2004.10.12 23:26 CST



Chianti Le Piazze 2002
キャンティ・レ・ピアッツェ 2002

種別 : 赤
生産地 : イタリア トスカーナ
生産者 : カセラ・ワインズ・エステイト
葡萄品種 : カベルネ・ソービニヨン
値段 : ¥500
評価 : ★★


ここのところフランスやオーストラリアばかりだったので、久々にイタリアものが飲みたくなった。いつもよく行く某酒屋で激安キャンティを発見したので早速購入。

色はかなり濃い目。なんとなくキャンティというよりブルゴーニュを思わせる感じの色合い。香りはイタリアにありがちな粘土を思わせる土質系の香り。ちょっとボリュームは控えめ。嫌な予感を抱きつつ飲んでみると、味は思いのほか薄っぺらい。薄いだけではなくかなり酸味が強い。グレード的には DOCG だったのでほのかに期待していたのだけど、ううむ、正直言ってちょっとガッカリ度が高い。まあ激安だからこんなもんか。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Yellow Tail Cabernet Sauvignon 2004



Yellow Tail Cabernet Sauvignon 2004
イエロー・テイル カベルネ・ソービニヨン 2004

種別 : 赤
生産地 : オーストラリア ニューサウスウェールズ
生産者 : カセラ・ワインズ・エステイト
葡萄品種 : カベルネ・ソービニヨン
値段 : ¥880
評価 : ★★★☆


最近やたらと酒屋で目に付くイエロー・テイル。シラーズは先日飲んで気に入ったので、今度はカベルネ・ソービニヨンを試してみた。

色はいかにもオーストラリアっぽく非常に濃い。限りなく黒に近い赤褐色。香りはベリー系の華やかでフルーティな中に、チョコレートの甘っぽさ、バニラと微かなミントが混ざる感じ。味は、強い酸味とスパイシーで豊かなタンニン感がドーンと重く、非常にパワフルな印象。これはこれで悪くなく、値段からすると十分美味しくてお買い得感は高いが、ちょっと派手すぎてがさつな気もする。個人的にはシラーズの方が好みかも。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

La Cuvee Mythique 2001

2004.10.11 23:59 CST



La Cuvee Mythique 2001
ラ・キュベ・ミティーク 2001

種別 : 赤
生産地 : フランス ラングドック
生産者 : −
葡萄品種 : シラー、ムールヴェードル、グルナッシュ、カリニャン、カベルネ・ソービニヨン
値段 : ¥1,460
評価 : ★★★★


某漫画などで取り上げられ、今や最も有名なヴァン・ド・ペイ(VDP)の一本と言っても過言ではないワイン。私も世間の評判に乗せられ以前に一度飲んだことがあるのだけど、その時は今ひとつピンとこなかった記憶がある。先日、酒屋に行ったらエチケットのフクロウと目が合ってしまい購入。

色は深いルビー色。、ベリー系の酸味のある香りの奧にバニラのような甘い香りが漂います。味は果実味がぎゅっと凝縮した感じで、タンニンがほどよく溶け込んでいてバランスが素晴らしく良い。香り同様に甘さも感じられて、ブレンドされていないはずだがメルローっぽいニュアンスがある。正直言って大変美味しい。こんなに美味いのなら、もっとたくさん飲んでおくのだった。前に飲んだのはなんだったのか。ヴィンテージの違いだろうか。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Clos des Verdots 2003



Clos des Verdots 2003
クロ・デ・ヴェルドー 2003

種別 : 白
生産地 : フランス ベルジュラック
生産者 : −
葡萄品種 : セミヨン、ソービニヨンブラン、ムスカデ
値段 : ¥833
評価 : ★★★☆


ヴェリタスの「フランスの名産地より蔵元直送 6 本セット」六本セットの最後の一本は、ベルジュラックの白。

色は薄い黄金色。強い柑橘系に、なんとなくバラの香りが混ざる感じ。ちょっと不思議な香りに期待して飲んでみると、意外とのっぺりしたクセのない味。アルコール度が高めでトロッとした舌触りだが、酸味が丸くて華やかさにやや欠けるか。悪くはないが、もう一歩インパクトに欠けるような気がしないでもない。なんて言いながらカパカパ飲んでしまったが。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Le Sabounet

2004.10.03 23:32 CST



Le Sabounet
ヴァン・ド・ターブル・ル・サブネ

種別 : 赤
生産地 : フランス コート・デュ・ローヌ
生産者 : −
葡萄品種 : グルナッシュ、シラー、サンソー、ムールヴェードル
値段 : ¥833
評価 : ★★★★


ヴェリタスの「フランスの名産地より蔵元直送 6 本セット」第五弾は、ヴァン・ド・ターブル、つまりはテーブル・ワイン。産地はコート・デュ・ローヌ。

色は明るい赤紫色で輝度が高い感じ。香りはベリー系で、グルナッシュから来ると思われるイチゴのような甘い香りが最初にきて、その後にブラックチェリーのようなニュアンス。ボディは柔らかい。酸味は穏やかで、渋みもほど好い重さ。タンニンとのバランスも良い。ヴァン・ド・ターブルでも侮るなかれ。安くても美味しいワインはこんなにもあるんですなあ。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Chateau Au Berton 1999

2004.10.02 23:59 CST



Chateau Au Berton 1999
シャトー・オー・ベルトン 1999

種別 : 赤
生産地 : フランス ボルドー
生産者 : −
葡萄品種 : カベルネ・ソービニヨン、メルロー
値段 : ¥833
評価 : ★★★★☆


ヴェリタスの「フランスの名産地より蔵元直送 6 本セット」第四弾は、王道ボルドーものの赤。

色はカベルネとメルローの混ざった濃厚なルビー色。エッジが少し枯れたレンガ色をしているのがいかにもボルドーっぽい感じ。香りはなめし革に鼻を近づけたような、これまたボルドーにありがちな香り。香りに関しては、どちらかというとメルローよりもカベルネ色が強いのかも。飲んでみると、とろっと濃いボディからタールやプルーン、ビターなココアなど、いろいろな味が溢れ出てくる。濃厚で複雑な味の割に雑味やエグさがないからか、グイグイと飲める。このシリーズはどれもクオリティが高いが、これまた非常に上質なワイン。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Cote Roannaise 2003

2004.09.29 23:59 CST



Cote Roannaise 2003
コート・ロアネーズ ヴァン・ルージュ 2003

種別 : 赤
生産地 : フランス コート・ロアネーズ
生産者 : −
葡萄品種 : ガメイ
値段 : ¥833
評価 : ★★★★


ヴェリタスの「フランスの名産地より蔵元直送 6 本セット」第三弾は、ロワール最上流部に 1994 年に出来た新設 AOC である(らしい)コート・ロアネーズの赤。

色は薄めの赤紫。イチゴキャンディーのような、甘くてなんだか懐かしいような香りが印象的。こんな香りのワインは初めてだ。味わいはいかにもガメイ。位置的にすぐ近くだからなのかもしれないが、やはりボジョレーに感じが似ている。ただボジョレーものよりもさらにジューシーかつフレッシュで、ガメイの美味しさをギュギュッと濃縮したような味わい。こういうのを飲むと、世の中まだまだ知らないワインがたくさんあるのだと実感すると同時に嬉しくなる。機会があったらまた飲みたいと思わせる素晴らしいワインですね。

投稿者 hamada : | コメント (0) | トラックバック

Old Topics

2004.09.26 22:33 Chateau Les Bruelles 2000
2004.09.21 23:59 16本まとめてドン
2004.07.25 23:07 Estratego Real
2004.07.18 20:07 Rio De Plata 2003
2004.07.11 23:21 Cerea Langhe 1999
2004.07.11 22:43 Saint-Chinian 2001
2004.07.10 23:59 Greatwall 1999
2004.07.10 23:59 Linea del Sole
2004.06.20 15:04 Fleur de Lynch
2004.05.30 23:11 La Cala 2002
2004.05.29 23:59 Portal Del Alto 2001
2004.05.27 23:58 Jacob's Creek 2001
2004.05.23 21:50 Jacob's Creek 2001
2004.05.23 21:25 Grillo Sicilia
2004.05.23 21:06 Poggio al casone
2004.05.12 23:47 Chateau Grillat 2001
2004.05.02 23:57 Cela Shiraz 2002
2004.05.02 23:54 Melini Chianti 2002
2004.04.20 10:05 Le Cadet Merlot
2004.03.29 23:23 ワインログ始め