語録#4
「まゆちゃん、まちがえた!」

誰と間違えたって?

[お気に入りのキャラに囲まれるまゆちゃんの図]

またまたゲームネタですが、まゆちゃんが好きなんだからしょうがない(^_^;)

語録#1 [イエティ]でも紹介したように、ほんの少し前までは「トゥームレーダー2」にハマっていたまゆちゃん。自分はゲームの主人公のレイラ・クロフトの分身(あるいは本物)であると本気で思っていたようで、「まゆちゃんって今いくつだっけ?」と聞くと「レイラ・クロフト24才!」と答えるほどの熱愛ぶりでした。
で、買ってもらった自転車のカゴ部分に名前を書こうとすると、「そこにはレイラ・クロフトって書いて!」と強硬に主張。「そこには自分の名前を書くんだよ」といくら言っても頑として聞かないまゆちゃんに、おばあちゃんはしかたなく油性マジックで「レイラクロフト」と書いてあげたのでした。

ところが移り気のまゆちゃんのこと。興味の対象はすぐに次のゲーム「チョコボの不思議なダンジョン」に移ってしまいました。当然今度は「まゆちゃんはチョコボ4才」になったわけですね(^_^;)
そうすると問題なのが件のサインです。「まゆちゃんまちがえた。チョコボって書けばよかった....」としょんぼり(^_^;)
見かねたおばあちゃんが除光液で消して書き直してあげてようやく一件落着。まゆちゃんの自転車には燦然と「チョコボ」の文字が輝くことになったのです。

しかしこの「チョコボ」も次に控える「アヤ・ブレア(パラサイト・イヴの主人公)」に取って代わられるのも時間の問題のような気が......

語録#3 [ふうりん]へ

語録#5 [干支]へ